FC2ブログ

浪漫@kaido kanata

. 「スプリング・フォンデュを君と」第9回

 さて、梅雨入りも近い五月の末のある日、ゲートボール決勝戦が行われた。
 老人会メンバーは、この日のために練習を重ねてきたのだ。



 グラウンドは老若男女でごったがえしていた。
 サエコ女史も、ふたりの子どもを連れて応援に来ている。
 ツバキはというと、カスガとべったり腕を組んだまま、早々とレジャーシートを広げて
手作り弁当らしきものを食べている。


みその 1


オードリー春日 5




スパイダーマン弁当

               ☆


 監督が「試合開始!!」を叫ぼうとした時、グラウンドの彼方から派手なエンジン音が響いてきた。
『宇因太亜会』だ。
 すみれと桃は、身体を固めた。
 たちまち黒っぽいバイクが次々とグラウンドに乱入してきた。ガードマンの言うことなど、聞くわけない。老人や子どもたちは、悲鳴をあげて怖がり、逃げ惑う。

               ☆


 桃がグラウンドの中央へ飛び出した。
「やめろっ!お前たちが憎いのは、俺だけのはずだ。他の皆は関係ないっ!」
 ヘッドのタナカがバイクを降りる。
「んなこた、どうでもいーんだよっ!貴様らをガタつかせてやれたら、スカッとするだけのことよ。ヤツだって成仏するだろうよ」
 桃の顔面にまで短髪の頭を近づける。
 そして、仲間たちに合図を送り、自分もバイクに戻って老人たちを取り巻いてエンジン音で驚かせる。耳がつんざけるような騒音だ。
 桃はグランドの真ん中に、仁王立ちになって、絶叫した。
「やめろ~~~~~~~~っ!!」
「あ、危ないわよ、桃兵衛!」
 すみれが止めようとしても、その手をふりほどく。


            ☆


 子どもの泣き声が甲高く響き渡る。
 サエコ女史の娘のリラちゃんをかばった、ツウ爺さんが、バイクの車輪に引っ掛けられて転がっていたのだ。それを見た桃の心が、これまでになく、本気で怒りに燃え上がった。
 ヘッドのバイクに突進するや、ひきずり下ろして馬乗りになりぶん殴る。
子分や同好会のメンバーが必死で止めに入るが、そんなもの、何のイミもないかのように、殴り続ける。
 タナカもその気迫に負けて、反撃に出られない。
(桃兵衛にこんな、カンシャク持ちなところがあるなんて……)
 すみれは、呆然と見守るしかなかった。

              ☆


 急に桃の表情に苦痛が走った!
 グランドの砂の上に、顔面から倒れこむ。ヘッドが握り締めたジャックナイフがおびただしいどす黒く紅い液体にまみれていた。
「桃兵衛!!」
 すみれは我を忘れて駆け寄った。


               ☆


 救急車に乗り込んだすみれは、彼の手を離さず握りつづけた。
 お腹の真ん中辺りから、血がどくどくと溢れ、酸素吸入器をあてがわれた息づかいも苦しそうだ。
 やがて、祖父の病院に着くとすぐに手術室が用意されていた。
 同好会メンバーや老人たちも駆けつけてきた。報せを聞いたムカイ助教授と、アキラ先生も。


向井 理 4

「どうなんじゃ、桃ちゃんは!」
 老人たちが、口々に尋ねる。同好会メンバーも、看護師に食いついている。
 ムカイ助教授が、同好会メンバーから冷静に詳しい事情を聞く。
 暴走族たちは、誰かが警察に通報して素早く逃げ去ったそうだ。
 彼の祖父と祖母も慌てて駆けつけてきた。院長らしい貫禄ある老紳士と上品そうな夫人だ。

児玉清 3


八千草薫 1



「桃ちゃん、どうしてこんなことに……」
 口元に綺麗なハンカチをあて、涙ぐんでいる。
 何時間かじれじれとした時間が過ぎて―――手術室から桃が運び出されてきた。
 意識はもちろん、無い。苦しそうだ。目元をしかめている。
 外科医が、
「急所は外れていました。が、出血がひどかったので、一時はどうなるかと思いました。今晩がヤマでしょう。すぐに集中治療室に入ってもらいます」
 冷静に言った。


救急病院処置室

 すみれは、頼み込んで集中治療室に入れてもらった。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kaidokanata.blog51.fc2.com/tb.php/491-72961ded
. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: