FC2ブログ

浪漫@kaido kanata

. 「スプリング・フォンデュを君と」第8回

 桃は正直に、ムカイ助教授にも、すべて打ち明けた。
「そりゃあ、マズかったなあ、お手製の軟膏を使わせるとは」
 助教授もアゴに手をあてて思案顔だ。


向井 理 1

「申し訳ありません。抗生物質の他に俺んちの庭に咲いていた花から抽出したものを混ぜたもんです。女の子の顔をあんなにしてしまうなんて、医者になる資格なんてありませんね」
「医者になる気があるのか?」
 イタイ質問をされて、桃はグッと詰まる。ムカイ助教授は、すべてお見通しなんだろうか?本当は医者になる気なんかない。


               ☆


 まだ頭全体を包帯でぐるぐる巻きにしたすみれが突然、同好会アジトに顔を出したのは、それから二週間ほどしてからのことである。
 「ちょっと、桃兵衛、クルマの運転特訓、再開よ」
「桃、クルマの乗り方より○○○の乗り方教えてもらいな」
 な~んて下品な冷やかしを飛ばしたのは、ノーブルな顔に似合わないシンちゃんだ。
「ええ?」
 うろたえながらも、桃がついていくと、すみれは愛車に彼を乗せ、この前みたいに怒鳴りまくりもせず、包帯の下からくぐもった声で的確な指示を出して、桃の運転のウデはまあまあマシになった。
 何キロも走り、やっと大学構内に帰ってくると、もう夕方だった。
 桃はさっきからずっと聞きたかった言葉をやっと口に出した。
「顔の方は、あれから?」
 すみれは、頭に手をやり長い包帯を取った。
 顔はすっかりきれいになっていた。吹き出物ひとつない。
 元からの少女時代の彼女の顔なのだ。


上戸彩 1

「私も自分のまともな顔を見るの、小学校以来よ。あんたのとこのお医者さん、名医ね。ニキビ痕にレーザー光線治療までしてもらったわ」
 にっこり笑った。桃は、初対面の女の子と対面しているような気になり、少しもじもじした。
「人が悪いなあ、それならそうと、早く包帯取ってくれればいいのに」
 心底、ほっとした。
 「これ」すみれはブルーのケータイをちらつかせた。「教えてくれる?」


                                                 
 第 五 章
 

 桃のクルマの特訓は、その後も続いた。
 時には深夜まで及んだ。
 ある夜、高速に乗ってすぐ、十数台のバイクが後ろからやってきて取り巻いた。
 いつもの『宇因太亜会』だ。
 ヘッドのタナカがメット越しに怒鳴る。
「いい加減、解散してくれねえかな、○○○○会!!目障りなんだよっ」
「あんたたち、私たちに何か怨みでもあんのっ!?」
 いきり立つすみれを、桃が引き止める。
「そこの坊ちゃんの爺さんが、ダチを殺してしまいやがったんだよっ」
「ち、違う!」桃は思わず叫んだ。「あれは、もう手遅れで……」
「へへん」

暴走族 4


『パプァ、パプァ、パプァ……』

 派手な騒音をばら撒いて、桃のクルマをもてあそぶように抜かしたり、後をつけたりしながら、
「今日はこのくらいにしといてやらあ」
いっそうエンジン音を甲高く噴かせて夜の闇へ吸い込まれるように消えていった。


              ☆


 高速を下りて、静寂が戻ってから、ハンドルを握って真剣に前方を凝視している桃に、すみれは恐る恐る尋ねた。
「さ……さっきのは?」
「逆恨みもいいとこだ!!」
 桃の額に脂汗が浮かび、ハンドルに押しつけた。
「桃兵衛、アブナイ!!クルマ止めて」
「あいつらの仲間のひとりが事故起こして、じいちゃんの病院に運びこまれたんだ。もう心肺停止状態だったそうだ。それを、あいつらじいちゃんひとりのせいにして……」
「と……桃兵衛」すみれは、桃の、ハンドルを握ったまま震えている腕に手を置いた。
「お医者様って大変なお仕事ですものね」
 桃はゆっくり顔を上げて傍らの少女を見た。
「君も気をつけてくれ。あいつら、俺ら同好会全員を憎んでいる。いつ襲ってくるか判らないから」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kaidokanata.blog51.fc2.com/tb.php/490-eab8e3c0
. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: