FC2ブログ

浪漫@kaido kanata

. 「スプリング・フォンデュを君と」第6回


     第 四 章
 


 すみれのニキビは、傍目にも分かるほど減っていった。
 アジトに顔を出すといつものメンバーがたむろしていたので、桃に声をかけた。
「あの軟膏のおかげで、ずいぶんニキビが治ってきたみたい。ありがとう」
「い……いや」
「お礼に、あなたにクルマの運転の特訓をしてあげたいの。免許はあるんでしょ?」
 とたんに桃の顔面が蒼白になった。
 他のメンバーも椅子から立ち上がった。
「すみれちゃん、それだけは、ちょっとムリなんじゃ……」
「桃にもコクだしな」
「いつまでも、ひきずっててどうすんのよっ!!」
 すみれの怒号が響いた。
「さ、桃ちゃんじゃなくて桃兵衛、私の特訓は厳しいわよ、そうと決まったらすぐはじめましょう」
「そうと決まったらって……」
「文句、言わない!!」
 すみれは力づくで、桃を引っ張っていくや、愛車のワ○ンRに放り込んだ。
 自分はさっさと助手席に乗る。
「何年、乗ってないの?発車のさせ方くらい覚えてるでしょうね!」
 桃はしぶしぶキーを受け取るとエンジンを動かした。
「こっこれ、ギア車じゃないか!どこから今頃、こんなのを……」
 アクセルとブレーキとクラッチを見て、顔色を変えている。
「特注よ。オートなんて運転の醍醐味ありゃしない!!」
「そ、そんな!!俺がいったい何年かかって免許取れたと思ってるんだ!補習なんて気が遠くなるほど受けたし、路上だって……」
「グダグダ言わない!!」
 桃はまな板の上の鯉になる気になった。恐る恐るクルマを発車させ、キャンパスから出て街中へと出た。


                  ☆


渋滞風景



「そんな、のろのろと走ってたら後ろのクルマにメイワクでしょっ」
「ああ、そこは、一方通行!」
「信号、赤だってば、この若年寄り!!」
「ちょっと、ブレーキとアクセルを間違えないでよねっ!」


信号機 1

「桃兵衛、危ない、今、小さな子が飛び出しそうになったわ」
「え?ナビ見てたら酔いそう?なに、言ってんの!」
「ちょっとスピード出しすぎ!!若年寄りのクセに!!」
 すみれは怒鳴り疲れ、桃は久しぶりの運転に神経使いすぎ、ふたりとも、ヒロウコンパイした。
「ま、初日はこんなとこかな」
「えっ、まだ続くの?」
「当たり前よ!」
 桃にはすみれがムチを持った悪魔に見えた。


              ☆

ゲートボール 3



 老人会、今日はゲートボールの練習日である。
 ゲートボールのルールなんてすみれには、さっぱり分からない。今度は逆に桃から簡単な説明を聞いた。
 5人でゲームをやること、ボールは紅白10個使うこと。杭のようなカタチのゴールボールにボールを当てると得点2点。
 老人会メンバーはかなり上手い。
「これも立派なスポーツなんだよな」
 同好会男子たちは、頷きあっていた。
 順番が来て、キキ婆さんがスティックを構え、定位置に立った時だった。なかなか足元のボールを打とうとしない。

樹木 3

「お――い、早く打たないと反則取られるぞ!」
 野次が飛ぶ。
 キキ婆さんの顔が急にゆがみ、胸を押さえてその場に座り込んだ。
「キキ婆さん!?」
 桃が駆け寄った時、キキ婆さんには意識が無かった。
 以前から心臓が悪かったのは知っていた。
 桃はいつものスローモーから考えられないほどの素早さで病人の身体をそっと横たえ、心臓マッサージを始めた。
「心筋梗塞かもしれない」
 皆は顔色を変えた。
「キキ婆ちゃん、しっかりしろ、この前、おマゴさんの結婚式に出るって言ってたじゃないか!」
「花嫁姿を見てやらなくちゃ!」
 報せを聞いて駆けつけたムカイ助教授が、キキ婆さんの心臓が動いていることを確かめ、一同、ほっとする。
 やがて、やってきた救急車に乗せた。
「俺も一緒に行ってくる。よくやったな、桃」
 ムカイ助教授が親指を立てた。
 老人たちも、桃を取り囲んで
「若いのに、ようやったなあ」
「キキ婆さんの命の恩人じゃ」
「わしらの時にも頼むぞ、桃ちゃんや」
「桃は照れながらも、フクザツな表情だった。
(俺が本当になりたいのは……)
 すみれは彼の心の声を知っていた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kaidokanata.blog51.fc2.com/tb.php/488-2e6c023b
. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: