浪漫@kaido kanata

. 三浦春馬氏 ギターの生産地を訪ねる→「地獄」観劇感想(再)

2月15日 プラアク 写真
💛この角度のまつ毛と鼻筋がなんともいえません💛

2月15日 ツイ 文章

18年2月の春馬氏スタッフのTweetに
「地獄のオルフェウス」について触れておられたので。
再掲載です。
****************************

オル めいん

よくぞ脱皮してくれました。

待っていました――――!!
この時を!!
もう、「美貌がじゃまをしている」とは言わせません。
と、言いたいのですが、ダークな中でも
光るダイヤは隠せないのです。
それどころか、肉体改造して
よけい男性美溢れるヴァレンタインでした。

dabide.jpg

★観たとたんに、
「ギリシャ神話だっ!!」と口走ってしまいました。
風来坊の漢(おとこ)ヴァルを 
よくぞ演じてくれました。
蛇皮とは殺生の象徴、
ヴァレンタインは愛の象徴

「蛇皮のヴァレンタイン」=「女殺し」
(レディキラー)です!!


白い花をつけた レイディと

★しかし、レディキラーがレイディに生きる希望を持たせ、
お腹に新しい命まで宿らせます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大竹しのぶ氏 演じるレイディは 
移民として差別され、家族や畑を焼き殺された男の妻に
いやいやあまんじており、死んだような人生を送ってるという
陰惨な話です。
そこへふらりとやってきた 
流れ者のヴァルは住所不定無職から
足を洗おうとレイディの店で雇ってもらい。。。
やっとお互いに希望の光を見出したふたり。

これが「地獄の中の、
皆を竪琴で魅了するオルフェウス」
という名前の所以でしょうか!?

薄暗くて何を売っているのかわからない店は、
右側の窓からの激しい雨や 
真っ赤な夕陽の効果が鮮烈でした。

朱い中の三田和代さんと


生まれ変わろうとしている 
ふたりの足首を掴むように、
運命は残酷な結末を用意しています。
しかし、ここで 
「どうせ 明るい未来なんか無い」
「やり直しなんかきかない」
「生まれた時から差別されるカゴの鳥」と
諦めてしまってよいのだろうか!? 
考えさせられました。
少なくともレイディとヴァルは
偶然出逢ったにも関わらず
必死で自分たちの壁を乗り越えようとします。

ヴァル「愛している!!」

死神が上から 見下ろしているという中での、
がけっぷちの 接吻。。。。。
こういうドラマティックな展開は大好物です!!


「決して負けない!!」

これは屈辱的な結婚生活を15年も強いられた
レイディの絶叫です!!
「結果はともかく自ら行動することが大切」 
これがこの舞台の訴えたいことだと感じとりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
若い頃から 恐るべき演技派と評された 
大竹しのぶさんを相手に
堂々と渡り合っている春馬氏に大絶賛を送ります。

水川あさみ オル
(娼婦役を大胆に演じた 水川あさみさん)

地獄 原作本

★ラスト、ヴァルが 
「どっちへ行けば!!」と叫んで消えていくのが
ウィリアムズの言う、「答えの無い疑問」でしょうか??
いったい、どこへ行ったのでしょう!?
蛇皮の上着だけを残して。。。


ひきがたり オル

ブログランキング・にほんブログへ



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kaidokanata.blog51.fc2.com/tb.php/1860-04f722f7
. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: