FC2ブログ

浪漫@kaido kanata

. 竹あかり・笙子(しょうこ)その三

その三
<約束>

ライトに光る たけし


竹細工 風車



 朱い風車が 二本たてられた、格子窓の目じるしをみっつ先の角。
 もみじに くり抜いた灯りの竹筒の前で落ち合おう、と 約束した。

 わざと 命の恩人とケータイの連絡先さえ交換していない。
「あかり」としか分からない。本名も住まいも。
 俺だって 何も明かすつもりはない。

 ただ、あの夜、あの女の手当を受けていなかったら、
俺はとっくの昔にオダブツだっただろう。
 恩を感じる気持ちが残っていたのか……
 こんな 両手を血で染めた俺にも……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 約束の時間が迫っていた。
 黄昏の紫が濃くなり、やがて漆黒となった。
足元から冷え冷えとした 精霊みたいなものが這いあがってくる。

山門と竹あかり 広島


竹灯りの筒が 暖かい飴色に輝き始めた。
 観光客が 楽しそうに雑談しながら行き交っている。
 和装のカップル、親子連れ――。


 俺には まるで影絵のように見える。

 通りの外れ、町家の塀に寄っかかって、一年前の下駄の音を待っていた。
 あの時は 傷の痛みで意識が朦朧としていたが、
あずき色の着物の女は素足に下駄を履いていたように思う。
 なんとかいう大正時代の世俗画に描かれている女、そっくりだった。

夢二 紅い着物



 夜の世界に生きる女だ。
 もみじの柄の袖が 汚れるのもかまわず、手当してくれた。
 手慣れた勇ましい素早さだった。




にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



comments
51. きみき さん
突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら
http://blju.net/
でオンラインゲームサイトをやっているkimikiといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2016-11-18 12:16:16 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kaidokanata.blog51.fc2.com/tb.php/1401-58b63cbc
. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: