FC2ブログ

浪漫@kaido kanata

. 三浦春馬 イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 序

                      序

紅葉も深まった 京の山里、人もめったに訪れぬ 竹林に囲まれた小さな庵(いおり)に、
尼がひとり、質素な座敷で一心に手を合わせて読経している。

 手を合わせているのは、飯綱大明神に、である。
 ふと、読経が途切れ、上品な横顔の尼は瞳を開けてみる。

湖東 三山


「上様……」
 その胸の裡に、同じく飯綱権現を厚く信仰して、
兜の前立てにまで大明神の飾りを施していた武将の姿が去来する。
「上洛を果たした貴方様はまさしく生きた戦神でした……」

 数十年前のことを尼は思い出していた。
 生家の武家は父親が戦乱で亡くなり、自らは遊女に落ちぶれなければ生きていけなかった。
 毎夜、幾人もの男に身体を売り、時々は忍びとして諜報活動もしなければならず、
そんな地獄の中で出逢った戦神。
 その武者は 妻を持たぬ主義であったが、尼にひとつの命を授けてくれた。

美しい尼



「尼さま」
 あどけない声に振り向くと、前髪を切りそろえた男の子が手習いの書を持っていた。
「どうなされました、坂丸」
「いつものおにいちゃんが来たよ。やかましくて、女みたいにハデな」
「まっ、ホホホ、伊織どのですね」
 尼は微笑んで立ち上がった。

時代劇 男の子と女の子が走ってる



右指さして笑う心九郎


★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



. 三浦春馬イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その一の1

(序、からの続き)

「シケた面(つら)しなすって どうしなすったかな?姐さん方??」


黄色の心九郎 そでめくり


 
粗末な掘っ建て小屋の垂れ幕のゴザをめくると、その場にいた
女どもの顔が、ワッと華やいだ。
「いおりさま!!」
「いおりさまじゃないの、どこへ雲隠れしなすってたの?」
「やっぱり、いおりさまが居なけりゃ、つまんないわ」
 黄色い声が満ちる。


フルっぽい イラスト戦国時代女性


 女どもも奇抜な色や柄の小袖を着ているが、入ってきた若者ももっとキテレツだ。
当世流行りの「傾奇(カブキ)者」と呼ばれる。
 世間の因習にとらわれず、奔放な生き方、好きな服装をしている者のことである。

 いおり、と 呼ばれた男、まだ二十歳すぎか、
 しかし、前髪は元服前の少年のように残し、まっすぐ櫛削らず波うっている。
 高く結い上げた髷(マゲ)は、背中までダラリと垂らし、
 空色の小袖に 漆黒の、光沢ある袖なし羽織、袴。
 銀色に光る長い毛皮を背中から前へかけている。


「ああ、目を酔わせてくださるとは、このこと。なんて、艶やかな~~~」
「夢でも見ているんだろうか」
 そう洩らした遊女のオデコを 指先でピンとはじき、
「目が覚めてるだろ、姐さん。さあ、この酒でもくらってシケた面(ツラ)なんぞ、
ふっ飛ばしてくれ!!」
 伊織が、もってきたとっくりを投げたので、女たちは群がって奪った。
 酒が ひととおり行きわたり、女たちは 酔いがまわって、いい気分そうだ。

耳に手をあてる 心九郎


「さっきまで何を落ち込んでたんだ??」
 ゴザに寝転がって手枕をした 伊織が尋ねる。

★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村


. 三浦春馬 イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その一の2

その一の1からの続き。


「落ち込んでやしないわ、けど」
「けどね、前にやっと、大坂城にお生まれになった小さなお世継ぎ。
亡くなってしもうたでしょう、三歳で」
 女のひとりが 涙ぐんだ。

絣 着ている 赤ちゃん



「ああ、可哀想な こったったな。せっかく猿のじいさんも 若いカミさんも、
諸手を上げて、大喜びだったのに。
でも、ふたり目が生まれて良かったじゃないか」
「その、ふたり目、捨丸さまも、どうやらお命が危ういらしいんだよ。
それで、あたいらのような蓮っ葉でも母心から気の毒に思ってね」

心九郎 伏せてうかがう



 伊織は顔を上げた。
「ふたり目の若君も、命が危うい?
そりゃ、薔薇(しょうび)の君といわれる淀どのも、萎れているだろうな」
 掘っ建て小屋の隅にいた女が何か言いたそうにしている。
 伊織が、
「紅(くれない)、何が言いたい?正直に言ってみろ」
 紅と呼ばれた女は、ウソ泣きの涙を拭きながら、
伊織を小屋の外の木陰の一角に引っ張っていった。
「淀さまの、下女の下女の下女に潜り込んでいる、透破(すっぱ)仲間から 
耳にしたのさ。今度の赤ん坊も、いつまでの命か判らないから淀さまが 
健やかな赤子を探してるって」
「む??つまり、健やかな赤ん坊と、捨丸を取り替えようとでも??」
「さすが、いおりさま。お察しが早いねえ」
「えれえことを考える女子(おなご)だな、淀ってのは。面白い!!」

深きょん 黄色い打ち掛け


 伊織の瞳が キラリと輝いた。

※透破(すっぱ) 忍びの別称

★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

. 三浦春馬 イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その二

 遊女たちがひしめいている、陽だまりを見回し、ふと、水桶を運んでいる女に目を止めた。
「おい、そこの女!!」
 女はドキリとして 歩みを止めた。
 遊女にしては、少し地味なぼろぼろの着物を着て、髪は百姓女のように布に包んでいる。
まだ十代と思われるが、なかなかの器量よしである。

しほり 2




 伊織は大股でズカズカと近づいていき、
「その腹、そろそろ産み月と見たが、違うかな?」
 女は水桶を落とし、自分のお腹に手をやった。
「それが、あなた様に、何か?」
「そのせり出し方は、やはりそうか。名はなんという?」
「……」


 脅えて後ずさりする。
「まあ、いいや。どうせ、父御(ててご)は誰だか分かんないし、そのお腹の子に手こずってんだろ?」
 懐から金ぴかの反物を取り出すと、ポイと投げた。
「どうだい、その子、わしに売ってくれないか」

ピンク 花柄 反物


 紅(くれない)が走りよった。
「伊織さま。まさか、ナギサのややを 大坂城に??」
「そうさ、あの、鼻っぱしらの強い、茶々さまが喉から手が出るほど、
元気な赤ん坊を欲しがってるんだろ、
自分の地位、安泰のために。面白えじゃねえか」

心九郎 アップ笑顔 ど




「ナギサのお腹の子が男かどうか、わからないんだよ?」
「ふふん、わしが利用しようと目をつけた赤子が男の子でないはずがないじゃないか」
「大した自信だねえ。そんなことして伊織さまの何の得になるってのさ?」
「得??何の得にも ならねえさ。ちょっと、世の中をかき混ぜてみたいだけ。
子の欲しい女と、産みたくもない女と。持ってこいじゃないか。
わしは お膳立てして、高見の見物をしたいだけ」


 高笑いして、市中の方へ歩みだす。

★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

. 三浦春馬 イメージ小説「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その三の1

臨月の、ナギサという少女が 後を追ってきた。
 先ほどの反物を突き返す。
「こんなお高い物は 要りません」

しほり 3



 伊織は 振り返って、
「強情なおなごだな。美味いもん食わなきゃ、丈夫な子が産めんだろ?
それとも、お前さんが、この荒れた世の中で ひとりで育てるか」
「いや、この子は あなた様に預けてお城へ連れて行ってもらう。
だから、反物や金子は要らん。ただ……」
「ただ?」
「本物の拾丸さまがどうなるか、心配なんだ。
伊織さまとやら。捨丸さまの行く末をあたいに教えてくれろ」
 健気な目を向ける。


「変わった女だな。取り替えられる赤子の方を気にかけるとは。
~~~ま、いいだろう。教えてやるよ。もらわれ先も 考えなきゃいかんからな」

心 鉄の箸の横で笑顔

 
 伊織は なにやら、ワクワクと楽しそうに瞳を輝かせている。


★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

. 三浦春馬 イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その三の2

しばらくして、街はずれの掘っ建て小屋の中、木枯らしの吹く夜中、

ナギサは男の子を無事に産み落とした。
 玉のような男児が 元気のいい産声を上げた。

赤ちゃん ホッペのキスマーク



 つきそっていた紅(くれない)が、
「安心おし。伊織さまに、しっかり預けるから」といって、

赤ん坊は預かりにやってきた。


華 大河 1


「大坂城は 忍びや、もろもろの間者からの情報によると、

拾丸さまが、高熱で危なかったらしい。でも、安堵しな。

伊織さまが しっかりした尼さまを育ての親に選んでくださったからね」
「それはありがとうございます。

それにしても、伊織さまという、ハデなお方は、いったい??

紅(くれない)さん、知ってるのでしょう」
「あたいは、詳しくは何も。なんでも 由緒正しいお武家の出らしいけど、

近頃、流行りのカブキ者に身をやつしておられるからね。

身元を訊くっていうのも、ヤボなことだろ」
 ひょい、と 肩をすくめる紅(くれない)だった。

心 左より 横目


「で、ナギサ。この子の見納めだよ。しっかり、顔を見ておやり。

本当のおっかさんなんだから」
 産まれて間もない、赤ん坊は 母親から離されるとも知らず、

スヤスヤと眠っている。
 ナギサは しばらく、赤ん坊の頬に頬をすり寄せて抱いてから、
「もういい。元々、産まれてくるはずのない、こんな透っ破女の産んだ子。

情が移っちまうから、連れてって」
「あんたも、気丈な子だねえ」
「気丈でなければ、生きてこられなかったさ」
 目頭に熱いものが 込みあげてきていた。
 押し付けるように、紅(くれない)の腕の中に返した。
「さっさと 連れていっておくれ」
 紅(くれない)は しっかり頷いて、産屋の垂れゴザをめくり、出ていった。
 とたんに、ナギサは床の上で泣き崩れた。

しほり 泣いてる





 赤子を産み落として、丸二日目。お乳が張ってきて痛みだした。
(あの子に一回だけしか乳をやれなかった。悪いおっかさんだね、あたい。

許しとくれ。名前も知らない子。

あんたは お拾丸として大切に育てられるようにお祈りしているよ)


★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり

 紅(くれない)―― 黒木 華


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ

. 三浦春馬 イメージ小説「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その四

「なに、“とりかえばや”の話に協力してくれる者が?」
 豪勢な城の、奥まった御簾の中で、乳母の大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)の
報告を受けた淀どのの朱唇が笑いに歪んだ。
 萎れていた薔薇(しょうび)の大輪が 首をもたげて輝き咲くように。


「お捨の代わりを務めるのは、どこのややじゃ?」
「はい、お方様、これに、あるおなごが参っております。是非、おめもじを」
 局は扇で口元を隠しながら、低い声で告げる。

ふかキョン 1


 淀どのが 裏の棟に移って待ち受けていると、ほどなく身分の低そうな 
中年女が局のお付きの奥女中に案内されてやってきた。
「そなたか、ややを提供しようというのは」
「わ、わたくしではございません。もっと若いおなごが産み落とした男児でございます」
 中年女は 平伏して答えた。
「この際、出自は厳しく咎めまい。事は急を要する。
そのややが見たい。すぐに連れてまいれ」

深きょん 侍女ふたりと

umarete間もない赤ちゃん


 淀どのの瞳は爛々と燃えている。
 連れてこられた赤ん坊を見るや、
「おお、健やかそうな、ややじゃ。顔立ちも貧相ではない。立派にお捨の代わりができそうじゃ」
「捨丸君が長子の拾丸のように、早う逝ってしもうては 
自分の、太閤の跡継ぎの生母という地位は危うくなってしまう。
淀どのは かなり焦っていた。

心 ひだりより 笑顔



★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり
 紅(くれない)――― 黒木 華




にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ




. 三浦春馬 イメージ小説 「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その五

夕暮れの城の庭先に、紅(くれない)を警護してきたという男が 
待ち受けていた。
 白砂の上に座りもせず、立ったまま、奥の御簾を見つめている。
 錦鯉が群れる、池に映るその姿は、鯉の錦よりも、艶やかである。
「どうじゃ、お方様は あの赤ん坊を お気にめして下されたかな」


お堀から見た大坂城

錦鯉 うじゃうじゃ


 「あの者は」
 淀どのが 紅(くれない)に、問うた。
「市井で、傾奇(カブキ)者とウワサされる男、破天荒なことをやらかしては、
世間を騒がせている当世の異端児でございます。
あの男が、この赤ん坊を、お方様に、と」
「ほほう?」
 侍女の止めるのも きかず、縁近くまで進み出た。
 護衛の侍どもが緊張して立ち上がる。
 傾奇(カブキ)者の男は 長い羽織をひらめかせて、庭石をぴょんぴょんと、飛んできた。
「司馬伊織と申す。いや~~、某(それがし)が 騒がせ者なら、
お方様もご同類、いや、お仲間ですな」
「なんと?」

深きょん 美しい淀



「豊臣家の跡継ぎを偽の赤ん坊と取り替えて、その座に据える!!
これほどの破天荒があろうか。お方様は女ながら 傾奇(カブキ)者の頂点におわされる」
「わらわが、傾奇(カブキ)者の同類、頂点。ホホホ、それにしても、ハデな身なりじゃな。
わらわには、そこまで出来ぬが」
「なんの、度胸が座っておる。さすがは、浅井の末裔の姫じゃのう」
 伊織と淀どのの視線がぶつかり合った。

心 中央 にらみつけ




★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり
 紅(くれない)――― 黒木 華



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



. 三浦春馬 イメージ小説「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その六の1

「石田治部少輔(じぶしょうゆう)三成を これへ」
 ある日、淀どのが いつもの気まぐれそうに側仕えに命じた。

城中 打ち掛けの奥方


 呼ばれた 石田三成が、ほどなく参上する。御簾越しに平伏し、
「お方様、ご用でございますか」
「他でもない。お捨どのは ご機嫌麗しゅう、お過ごしか」
 実の子と入れ替えた子の面倒は、すべて、石田三成に任せて、
淀どのは 様子を聞くだけだった。


「はっそれはもう」
「そうか」

桜 金色の扇


 艶やかな扇が ばちん、と たたまれた。
「どこの馬の骨かわからぬ 赤ん坊だが 健やかであれば、まず わらわの身は安泰。
実質、お世継ぎさえ、もうければ、大坂城の女主は わらわじゃ」
「はっ」
 幼少の頃、秀吉に拾われて家臣になり出世した三成は、このわがままな側室を、
秀吉のためになんとしても守らねば、と思っていた。
秀吉も、もう、齢(よわい)五十をすぎ老いてきている。
淀どのの命令通り、たとえ、偽者でも、世継ぎを無事に育てなければならない。


「時に、治部、そなた、上杉の家臣、直江兼続と昵懇であったな」
「直江兼続。あの男なら、殿下の信頼も厚い男でございますが?」
「直江は 上杉景勝どのの家臣。景勝どのの伯父、謙信公は 確か、妻帯せぬ飯綱権現の教えに
 従うておられるのじゃな。お子はすべて養子とか」
「その通りでございますが?」
「謙信公に、実子がおられる可能性は?」

ガクト謙信 刀かざす



 三成は 呆れたように、目を飛び出させ、
「さ、それは?男は 妻帯せぬからというて、どこにタネを落とさぬとも限りませぬが。
何か、お気になられることでも??」

心九郎 ましょうめん まじめ



★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり
 紅(くれない)――― 黒木 華
 上杉謙信―――― GACKT



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



. 三浦春馬イメージ小説「めざめさせつつ酔わせてくれる」 その六の2

「いや、特に、何も。直江どのなら、何かご存知かと、思うたまでのこと」
大坂城の女主は すっと席を立ち、庭の見える縁へ行ってしまったが、
残された三成は 首をかしげるばかりだった。

石田三成 肖像



 大野治良(おおの はるなが)が 淀どのに呼ばれた。
大蔵卿局の息子で淀どのとは乳兄弟にあたる。
治良も、城中で育てられている捨丸君が偽者ということは、含みおかれている。


「実のお子様なら、山家にてお健やかにお育ちのようでございます。
そろそろ、お歩きになったとか」
「しかし、虚弱じゃろうの。鶴松君のように、早う逝かれてはかなわぬ」
 初めての子に逝かれた時のことを思い出してか、淀どのの面(おもて)に、
母親の嘆きらしき哀しみが、にじみ出ていた。

深キョン うれいの淀殿

戦国 男の子と女人



 しかし、すぐにその表情を消し、
「そのようなことより、代わり身の赤ん坊の素性、今になって、気になる。
連れてきたキテレツな傾奇(カブキ)者の正体もな」


心九郎 青 ようし、来い!!




「諾(だく)。調べられるかぎり、調べましょう」
 治良は 丁寧にさかやきを剃った頭を下げ、その場を下がった。
 昔から、乳兄弟の、この女のわがままにつきあうのは 慣れている。

★イメージ
 司馬伊織―――― 三浦春馬
 淀殿 ――――― 深田恭子
 ナギサ ―――― 貫地谷しほり
 紅(くれない)――― 黒木 華




にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



. プロフィール

海道 遠(かなた)

Author:海道 遠(かなた)
小さい頃からお絵描き大好き
お話創るの、大好き
      ↓ 自然に
漫画家になりたい
      ↓
OLを退職。デザイン学校の漫画科へ入学
      ↓
家庭の事情で後、半年というところで退学、OLに戻る
      ↓
技量不足とひどい肩こり症のため、もの書きに転向
      ↓
結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。
      ↓
が、コンクールに落ちる事、数知れず。
      ↓
諦めてアマの道へ

★著作★
 ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)
 「“海王の接吻”を抱きしめて」新生出版
 「CROSS」新風舎 
 共に全国出版、ネット販売しております。

★海棠結実(かいどう ゆみ) ペンネームで 

 【 遠雷去らず 】風詠社(鎌倉時代もの)
 全国ネット販売しております。
 

. お気に召したら1クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
. ☆初めてお越しの皆様☆


作品書庫(カテゴリー)からお入りいただくと、連載作品が第一回からお読みいただけます

. 作品書庫(カテゴリー)
. 相互リンク絵ブログ
島崎精舎さま
. 長崎祐子さま
. メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

. ☆当サイトバナー☆
Untitled2.jpg
. FC2カウンター
現在の閲覧者数: